太陽環境企画

鹿児島市紫原1丁目39-11

TEL:099-285-0787

FAX:099-286-1365

09:00~18:00(月~金)

エコネット施工・販売

エコネット試験設置企業を募集しています。

 

 

TEL: 099-285-0787

FAX: 099-286-1365

bio-fuel@taiyo-kk.info

Adbe Reader

当WEBでは、詳細情報・リンク先をPDFファイルにてご覧いただけます。

ご覧いただけない場合は、Adobe社から無料配布されている「Adobe Reader」が必要となります。

こちらからダウンロード(無料)ください。

Adobe Reader
Adobe Reader

地球温暖化

地球温暖化とは、地球表面の大気や海水の平均温度が上昇する現象です。

地球温暖化が進むと、地表や水系内の生態系の変化・海水面上昇による海岸線の浸食などが起こります。

 

地球温暖化の原因のひとつとして、温室効果ガスの増加が挙げられています。そのため、京都議定書では各締約国に温室効果ガス排出削減の数値目標が設定されています。 日本も温室効果ガス排出削減の数値目標が課されており、数値目標達成のために様々な取り組みが行われてはいますが、現段階では温室効果ガス(特に二酸化炭素)の排出量は逆に増加しています。

大気汚染

大気汚染の原因となる主な物質には、浮遊粒子状物質(SPM)や窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、揮発性有機化合物(VOC)、ダイオキシンなどがあります。

 

そして、これらの発生源は、自動車などの排出ガスや工場などからの排煙・ 廃棄物の焼却排ガスなどです。

 

高度経済成長の中、大規模な工場地帯や幹線道路沿いでの大気汚染が問題となり、 自動車などの排出ガスや工場などからの排煙の規制が進んではいますが、まだ十分とは言えません。

 

主要都市においては、 自動車交通の増加に伴い、自動車(特にディーゼル自動車)が原因とされる大気汚染が改善されていないと言われ、自動車から排出される窒素酸化物(NOx)及び粒子状物質(PM)の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法(自動車NOx・PM法)などによるディーゼル自動車への規制が行われています。